「ワクチン副反応」医師が実践した対処法に乳酸菌生産物質が

更新:2021年6月30日


インターネットのニュース記事で「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法という内容が紹介されていました。

【「女性自身」の記事としてYahooニュースが紹介  紹介記事のURLです↓ https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2715781a70fe44b78cf926077ef84504018572?page=1

============================================================================

(ここから引用)

【内科医(さく病院)相馬渉先生】
1回目接種の翌日、打った右肩が少し痛くて腕を上げにくかったが、次の日には改善。
2回目、接種後に少し痛みはあるが、予防接種や採血のほうが痛いくらいだったと思う。
1回目接種の数日前から漢方「補中益気湯」と「乳酸菌生産物質」で腸内環境を整えて免疫力アップ
1回目、2回目とも接種当日と翌日は、インフルエンザの治癒を早めるともいわれる漢方の「麻黄湯」を1日3包内服。
接種前には腸内・口内など体調を整え、こまめに水分補給をし、不安よりも恩恵が多いと身を委ねる姿勢が大切。

(引用ここまで)

============================================================================

ワクチン接種で副作用を抑えるために乳酸菌生産物質で免疫を上げると紹介されています。
是非皆様もご参考にしていただければ幸いです。

上へ